寺井町の内科・消化器内科・内視鏡内科・肝臓内科クリニック

下部消化管内視鏡検査(大腸カメラ)について

これまで死亡数の多かった「胃がん」は、健診の普及、内視鏡検査の普及により減少傾向にあります。
代わりに増えているのが、大腸がんです。
大腸カメラ検査は、肛門から内視鏡を挿入して大腸全体を直接観察する検査です。
大腸がん・大腸ポ リープなどの診断に有用です。

 

検査に引き続き、必要に応じて大腸ポリープ切除術も行えます。

 

当院では大腸カメラ検査の際に患者さんの希望や必要に応じて静脈麻酔を行っております。
静脈麻酔により、寝ている間に検査を行うことができ、苦しくて検査が苦手な方でも楽に検査を受けていただけます。

 

詳しくは電話や診察時にご相談ください。
また、内視鏡検査の送気は二酸化炭素を用い、検査後のおなかの張りを軽減するなど、苦痛の少ない内視鏡検査を行っております。

 

 

  検査で見つかる疾患

 

  • 大腸がん
  • 大腸ポリープ
  • 虚血性腸炎
  • 炎症性腸疾患(潰瘍性大腸炎・クローン病)
  • 痔疾患

炭酸ガス送気システム(オリンパス社製UCR)

大腸内視鏡検査では、観察のため腸管内に充分な送気を行ないます。
通常(従来型)は腸管内に空気を早期するため、検査後も腸管内に空気が充満し、数十分~数時間の腹部膨満感・苦痛を味わうことが多々ありました。

 

当院ではオリンパス社製UCRを用いた炭酸ガス送気による大腸内視鏡検査を行っております。

 

※炭酸ガスは空気に比べて極めて速やかに生体に吸収されるため、検査中・検査後の腹部膨満感が大幅に軽減され苦痛のない大腸内視鏡検査が可能となりました。

 

 

大腸カメラ検査の流れ

検査前日の注意点

■ 午後9時以降の食事はしないでください。また、食事は消化のよいものをとってください。
■ 海藻類・きのこ類・豆類・食物繊維の多い食材・こんにゃく・ごまなどは控えてください。
■ ジュースやアルコール類は、午後9時以降とらないでください。
■ 水はよく飲むようにしてください。
■ 常用薬は服用して差し支えありません。
■ 普段より便秘気味な場合は、寝る前に下剤を服用してください。

検査当日の注意点

■ 約1-2リットルの洗腸剤を、一定の時間をかけて飲みます。
■ 便が茶色から黄色、水状態になるまで排便してください。
■ 検査が終わるまで食事はできません。
■ 水はよく飲むようにしてください。
■ 当日は、禁煙して来院してください。
■ 下着が汚れる場合がありますので、着替えを持参ください。
■ 常用薬の服用は、種類によって異なりますので、必ずご相談ください。

抗凝固剤を飲んでいる方は、検査中に生検(組織の一部を取り出す)を行った場合、出血が止まらなくなる場合がありますので、必ずお申し出ください。

 

検査後の注意点

■ ガスが残っている場合がありますので、おならはがまんしないようにしてください。
■ 鎮静剤をされた場合は、しばらくの間ボーっとした状態が続きます。
■ 当日は、安全のため、バイク・お車の運転はひかえてください。
■ 食事は、薬の効き目がなくなればとることができますが、脂っこいものは避けてできるだけ消化のよいものをとってください。
■ 色素内視鏡検査を行った場合は、便や尿に青い色素が現れることがありますが、心配はいりません。
■ 検査中にポリープの切除を行った場合は、飲酒や運動の制限があります。

検査後に、腹痛や下血、膨満感がなくならない場合は、当院にご連絡ください。

 

 

電話でのお問い合わせは
TEL 0761-57-0097
午前9:00~12:00 午後14:00~18:00

トップへ戻る